厳選素材の恵み

トマト [トマトドレッシング]

トマトの赤い色の正体、カロテノイドのひとつであるリコピン。
近年、カロテノイドには「悪玉酸素」といわれる活性酸素を消す作用があることがわかりました。
中でもリコピンは、にんじんなどに含まれるβ-カロテンの2倍以上の消去能力があるといわれ、
注目を集めています。

"トマトドレッシング"に使用するトマトは、天然リコピンが豊富なホールトマト。
加工用トマトは「桃太郎」などの生食用とは違い、真っ赤な色しているのは天然リコピンが豊富な証拠。
露地栽培で日光や風雨にさらしてつくられているため、リコピンは生食用の約3倍、味の素などの旨味調味料の主成分で、昆布などに含まれるグルタミン酸が加工用トマトには2倍近くあります。

リコピンは油に溶けやすい性質があるので、良質の油と合わせるドレッシングで、効果的に摂取することもできます。

▼ この素材を使っている商品 ▼



アイデアレシピ 当たり前のことを当たり前に テレビや雑誌で紹介されました
PICK UP
「うまみ」「うまみおかか」誕生秘話
お客様の声
応援隊インタビュー
博多んぽん酢通信
吉野ん父ちゃんBLOG
TwitterFacebook

このページの上へ