応援隊インタビュー

ファーマーズ・スタジオ 田中美智子様

※2006年11月:博多んぽん酢応援隊によるインタビューより

ファーマーズ・スタジオを立ち上げたきっかけは?
Atacched File畑には生産者が家族のために「食べさせたい」野菜が元気に育っている。一方で「楽しい、簡単、おいしい、大切な人のために食べさせたい。そんなお料理を教えたい」と思っている料理教室の先生がいる。
その2つ願いを知った時に思ったんです。 生産者、料理の先生…そんな食を愛するプロたちが、家族を愛する同じ思いで集まれば、楽しくって幸せになる家族の食卓のお手伝いができるのでは! って。

栽培を教えてくださる生産者の方、農地を貸してくださるオーナー、個性豊かな講師陣。たくさんの人や思いが集まってファーマーズ・スタジオは生まれました。

今、食育という言葉がよく聞かれますよね。
野菜本来の様子がわかり、お母さん方が「楽しく」「美味しく」「賢く」台所に立ち、「団欒」の場として、家族が「笑顔」で楽しく「食事」を楽しんでもらえたら・・・・
そんなお手伝いがしたいのです。もっと・・「基本」にもどれ〜と。
教室では博多んぽん酢を使っていますね。
立ち上げ当時からファーマーズ・スタジオで使う調味料を探していたんです。「安心・安全な食」「健康にやさしい料理」の料理教室なのでコンセプトにあわないものは使いたくない。
そんな時によかよかブログの中で目にしたのが「悪魔のソース・博多んぽん酢」。「ソース」なのに「ぽん酢」?と気になって、すぐに試しました。

Atacched Fileファーマーズのコンセプトにあう商材は「吟味」し、お伝えする「価値」のあるものなら「みなさんにお伝えしよう」という「私たちの推奨品・・お奨め品」というのも作りたかったので、博多んぽん酢を教室で使うことにしたんです。

ファーマーズ・スタジオはすべて「手作り」をしなさい!ではありません。市販品を上手に利用する方法も伝えます。しかし、たくさんある商品の中から「選ぶ」基準をお伝えしていくことが、使命だと思っています。
先生や生徒さんの反応はいかがですか?
ファーマーズ・スタジオの初めてのお客様を迎えた時に「ほうれん草と豆腐の手作り餃子」で使ったのですが大好評でしたよ。(その時の様子はブログでも紹介されています →こちらから
家族にも食べさせたいとおっしゃる生徒さんに少しずつお土産に渡したのですが、気づけば我が家の「博多んぽん酢」がなくなってました(笑)。

Atacched File他にも「ちぢみ」に使ったり、農園の野菜を使ったアレンジメニュー「かぶとしょうがの博多んぽん酢びたし」で使ったりと講師の先生も博多んぽん酢を使ったメニューをいくつも考えてくださってます。
今後のファーマーズ・スタジオの展望を聞かせてください。
ゆくゆくは、ファーマーズ・スタジオの2号店を作りたい!
そして3号店が出来れば、料理教室をしたいな〜と思っている講師陣や、ためらっている人の活躍の場、「ステージ」ができるのでは、と思っています。

私は女性の会というのも主宰しています。
今後も、メンバーがもっともっとたくさん活躍できる場所を作りたいと考えています。
●ファーマーズ・スタジオ 田中美智子様
営業アドバイザー、前向きに活動したい女性のための情報交換の場「月いち・ピカいち・女性の会」の代表とバイタリティ溢れる行動力で多方面に活躍。2006年11月には栽培体験ができる料理教室「ファーマーズ・スタジオ」を立ち上げ、個性豊かな講師陣と共に新しい「食育型」料理教室を運営中。
 


アイデアレシピ 当たり前のことを当たり前に テレビや雑誌で紹介されました
PICK UP
「うまみ」「うまみおかか」誕生秘話
お客様の声
応援隊インタビュー
博多んぽん酢通信
吉野ん父ちゃんBLOG
TwitterFacebook

このページの上へ